ビジネス英語コースの場合

文字

ビジネス英語と言っても職種の数だけ様々なビジネス英語が必要になります。学びたい内容は人によって大きく異なってきます。TOEIC対策などの各種試験対策が必要になる人もいれば、職種によっては英文でのメールのやり取りや書類の作成が主になる人もいますし、ミーティングやプレゼンでの仕事がメインとなる人もいるからです。ビジネス英語はTOEIC対策から接客英会話など幅が広いため、一般的なビジネス英語クラスだけでは個々が満足できる内容にはなりません。なのでスクールを選ぶ際には幅広い内容を詳細にかつ専門的に分けて受講できるもしくはカリキュラムを自由に組めるコースやクラスのあるスクール選びが重要になります。ビジネス英語には主に電話対応や伝言の受け取り方や英文でのメールや書類の作成、接客サービスの英会話やミーティング、プレゼンなどの構成や進め方、発言練習などが含まれます。他にもTOEIC対策や新聞、書類、雑誌の読み方から雑談のコツまで様々なものがあります。例えば外資系企業への転職を希望していて、英文での文章やメールのやり取り、電話対応やオフィス会話などを学びたい場合は、プライベートレッスンでの短期集中プログラムとグループレッスンでのディスカッションなどを組み合わせたカリキュラムを受講することでより効率的に自分の目的に合ったビジネス英語を身につけることができます。他にも接客業などで使うビジネス英語を学びたいなら初級の英会話クラスなどもあるので無理なく自分のレベル、目標に合わせて学習をスタートすることが可能です。